レンタル
十三日目 - ゆきやなぎ

ゆきやなぎ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
03
 
深爪の続きです、多分次で終わるハズ。
そういえば、フェイはやSSこれで100本目なんだって…びっくりですね。
駄文しかないのは、…、…orz

追記
拍手SS更新しました。次が101本目にちなんで(?)犬フェイトです。どうぞ読んでやってください。

まだ胸も揉んでへんのに…!ふぇいとちゃんのあほ!
そう言ってはいるけれどもフェイトと入れ替わろうとはせず、じとっと見つめるに留めている。
その姿がなんだか可愛くてフェイトは微笑を浮かべる。はやては眉根を寄せている。

「なんで笑うてんの?」
「はやてが可愛いから」
「な゛!?」

はやての顔の横に頭を置きくすくすと笑うフェイト。耳に直接響いてくる空気の震えがくすぐったくて身を縮めこませるはやて。いつのまにかフェイトの背中に手をまわしていた。

「好きだよ」

告白に思わず彼女の方を目だけで向くと、優しい瞳に出会ってしまう。

「………すき、やよ」

きゅ、とはやてに握られシャツに皺が寄る。
近付きたい、そんな思いのままにフェイトは隙間なくはやてに寄り添う。
好きだと思うほど、伝えるほど、益々募ってくる想い。彼女の頬にキスを落とす。
そのまま額と額をくっつけ、ぐりぐりと擦りよせた。すると今度ははやてが笑う。優しく、愛おしそうに。

「…?」
「フェイトちゃんが甘えとる」
「……だめかな?」

良いに決まっているのに、と苦笑を浮かべ「ええよ」と小さく返した。



そうやって暫く顔を擦り寄せたり、時にはキスを落としたりしている内にフェイトが思い出したように言った。

「はやてネクタイつけっぱなしだ」

え?と手を伸ばしてみると緩んではいるが確かにまだ着けている
でも。

「フェイトちゃんこそ」

黄色いタイがまだそこにいます、指に引っ掛け存在を主張させる。
指摘されてあれ?と首をひねるフェイト。

「…あ、そうだ」

と呟くと悪戯が成功したみたいな笑みを浮かべる。

「はやてがいきなり体当たりしてきたから着替える暇がなかったんだっけ…?」
「!」

フェイトは起き上がり、マウントポジションを確保したまま自分のタイを外す。
はやてはぼうっとそれを見上げ、その様に見惚れている。

「はやて?」

名が呼ばれ我に返るはやて。

「な、なンや!?」

声が裏返ってしまう。

「はやてのも脱がせてあげるね」
「え、…ええって!自分でできる!」

わたわたと手をバタつかせ、フェイトの邪魔をする。

「…そういうことするんだ…?」
「へ?」

一瞬動きが止まったところでフェイトは一気に両手を捕まえた、それも片手だけで。

「ちょ!…ふぇ、フェイトさん?」
「脱がせてあげるね」

有無を言わさない口調と笑み。

「………………はい」

フェイトの手がしゅるりとはやてのネクタイを解く。
衣擦れの音だけが部屋に響いて思わず目をぎゅうっと瞑るはやて。一つ二つ、上から順にボタンが外され黒のアンダーが見え始める。
服越しにフェイトの手がはやての脇腹をくすぐるように下へと滑る。
未だに目を瞑り、顔を赤く染めているはやて。早く、終わってほしい。そう訴えているようだ。
へそ辺りまで下りてくると、体から負荷が無くなった。
はやてはおそるおそる目を開くと、フェイトがスカートのフックを外している。

「?!ふぇいとちゃん!自分で、」
「はやて?」

柔らかく呼ばれたのに、体はフェイトの言うことを聞いてしまう。


(何やねん、これ…!バインドされたわけじゃないのに…。)
(はやて…困ってる顔も可愛いよ…!!)

つづく!

*****
ふぇいとの過保護スキルが、はつどうしました←


    15:59 | Trackback : 1 | Top
Trackback
http://42111232.blog74.fc2.com/tb.php/584-8de52ffb
フェイト アンリミテッドコード ポータブル PSPの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「フェイト アンリミテッドコード ポータブル PSP」へ! 2009.09.04 01:52
web拍手


拍手入れ替えました(12月30日)

ついったー始めてみました。


プロフィール

萩 あゆむ

Author:萩 あゆむ
部隊長が超好き。
リンクフリー。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
お疲れ様でした

・STAR NIGHT



ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。