レンタル
君への手紙 - ゆきやなぎ

ゆきやなぎ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
24
 
お久しぶりです。Z/O/N/Eの僕/の/手/紙を聞いてたらかっとなって書きましたが超短いです。フェイはやです。
大丈夫な方どうぞ!
見上げれば、目が合って、きょとんとした顔。
可愛いな綺麗だな触りたいな。
すべすべしてそうだ、なんて駆け巡る思考も行動には移せない、ただの妄想だ。
好きだとさえいえない自分がそんなことできるはずもない。
「なあに?」
「なんでもない」
いつか、こうやって帰ることもできなくなるんだろうな、こうやって二人並ぶことも。
躊躇う距離さえ恋しくなるほど彼女が遠くに行くんじゃないかって、考えてしまう。
このままじゃいけないと、彼女の隣にずっといたいとそう思って、でも言えなくて。

だから、手紙を書いてみた。渡せる勇気があるかも怪しいけれど。
気持ちを形にしてみようと思って、そしたらどうにかなるかもしれない、と思って。





「せやけど、やっぱりわたせへんなー」
手の中で便箋をつまみあげる。そのまま破り捨ててしまおうかとちらりと思う。
できるはずがないと苦笑を浮かべる。
手紙をなでて、鞄に戻す。きっと、ずっとこのまま。
渡せないまま、だけど想っている。ずっと忘れない。

「はやて、帰ろう」

やわらかい声にうん、と返事をする。
いつかこの声がなくなる日までずっと私は想うんだ。

「フェイトちゃん」
「ん?」
「フェイトちゃんとおると面白いな」
「…褒められてる?」
「もちろんや」
「わ、私もはやてといるの好きだよっ!!」

いつからか目を合わせることができなくなったはやては知らない。
勢い込んで言うフェイトの顔が若干赤いことなんて。


おわりー





てがみかんけいなくね?とか思わんでもない←
    14:35 | Trackback : 0 | Top
Trackback
http://42111232.blog74.fc2.com/tb.php/879-7cff4996
web拍手


拍手入れ替えました(12月30日)

ついったー始めてみました。


プロフィール

萩 あゆむ

Author:萩 あゆむ
部隊長が超好き。
リンクフリー。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
お疲れ様でした

・STAR NIGHT



ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。